人の夢の中へ入り込むことによって他人の予知夢をみるのかもしれない検証の話。


コラムかエッセイ 夢占い

私はこのサイトにいくつか、予知夢をよく見ますと書いています。

ですから、割と予知夢が多い人だというのは周知だと思うのですが、最近ちょっと進展がありました。

自分自身が夢をみて何をしているのか?ということの解明です。

人の夢を見る・・・

人物の夢をみるとき、夢占いの出し方にに少し戸惑います。

その人物=自分自身という読み方なのか、その人物についての予知夢なのかの二通りがあるからです。

実は今までの夢日記や検証を経て、夢の人物=自分の代理夢であったケースが一度もありませんでした

人物についての予知夢をよく見ることが多いというのはなんなんだ?と自分自身謎に思っていましたが、少し解明の一路が見えてきたことを書こうと思います

sponsored link

師匠と同じ夢を見る。

ふたりで同じ夢をみれるのか?という検証を師匠と私でやってみた。

私には一応師匠がおりまして、師匠も夢を見るのが上手な人です。

私は毎日夢を記憶しているのですが、元々師匠に「夢を記録しなさい」っていうことをいわれたことが発端でした。

それからもう4年近く夢日記をつけていますが、徐々にわかってきたことも増えてきています。

そして、つい先日。

師匠「あのさ、あの世にいけるんだわ。夢であの世に通っている。」

と言い始めた師匠に、

私「私もあの世に行ってみたい。」

と返事してしまったことが発端でした。

そのときはもっと複雑的なことだったのですが・・・‥。

師曰く、私が師匠の気配、波長をたどれば一緒にいけるんじゃないか、というので、そうすることにしてみました。

ここで、検証に必要な人物スペックを書きます。


師匠

高スペックな霊感な人。あの世にいくといって夢で亡くなった人に会ってくる。夢をみるのも上手。割と何でも知ってる、知らないことはなさそう。

低スペックな霊感な人。あの世にいくっていうから一緒にいってみたいっていうぐらいな頭の弱さがある。夢を見るのは上手。最近、人の波長に合わせるとその人の夢を見ることができるようになってきた。偶発的に夢を見れる。


取りあえず、ふたりで同じ時間に寝ればいけるんじゃないか?っていうことでチャレンジをしました。

同じ内容の夢を見て、ふたりで「できたな!」みたいな喜びを分かち合いました。

その内容については、先生に許可もらわないと話せないな・・・・・・と思いますので、ちょっと先生に相談しつつ、書けるなら書きたいなって思っています。

私としてはめちゃくちゃ面白かったです!

この検証と経験からいえること。

人物の夢は、その人の波長と同調していて、その人の夢を見ることができる。

その人の夢の中に入ることができているといっても過言ではないのかな?と思っています。

というのも、私の人物に関する夢の場合、その人物を中心的に見ることで予知夢が成立しています。

例えば、誰かの足に水がかけられた夢を見た場合、水をかけられた夢の意味を誰かにあてはめるということです。

その誰かが「金銭的な問題を抱える」のです。

私ではありません。

 

他人の予知夢をみるというのは、人の夢の中に入り込む、人の波長に合わせることができる霊感を発揮することがしやすいタイプなのじゃないかな?という結果です。

つまり、人は必ず予知夢を見ていて覚えていないだけ・・・・・・。

その夢の中に勝手に入り込んでみてくるのが私・・・・・・。

sponsored link

危険度についてはよくわからない。

私は人の波長に勝手に合わせてしまう霊感の暴走みたいなもので予知夢をがばがばみている状態なのかもしれませんが、何かこれで問題を起こしたことはありません。

また、師匠の夢と同じ夢をみたといっても、何も現実では問題は浮上しておりません。面白い!楽しかった!みたいな感想のみです。

ですが、これは一応、師匠がおります中、行っていることですので、正直、師匠がいない中やるか?・・・というと、やりません。

意識的に人の夢を見ることはできますが、これも何故か偶然的にできるようになってしまって、理由が波長なんだなあっていうのもわかってはいますが、正直誰かの夢の中へ勝手に入っていってしまっているのも問題だと思っていますので、今後、その辺も改善してコントロールできたらいいなあと思います。

また、同じようなことを実験的に行う場合は、自己責任でお願いいたします。

つっても、これ、夢見としてそこそこできる人が二人そろわなければいけませんので、条件的には難しいなあと思います・・・・・・汗

2019/02/16夢の記憶

Posted by sanro