夢占いの吉凶判断はどこでするのか。


コラムかエッセイ 占い 夢占い

私は、夢占い診断士・・・・・・とか、かっこいい肩書きはもちえていません。

持っているとしたら、夢日記を数年毎日つけ続けている奇人とでもいいましょうか。

そこから、夢分析をし続けている人、いわゆる、暇を持て余した人が夢日記をつけてたら傾向が見えてきた!っていう人です。

そんな私が何故夢日記をつけようとしたのか、それは、わたしの先生が霊能者さんだったっていう謎のハイスペック師匠だったから・・・・・・。

まあ、この話はちょっと置いといて。

そんな師匠に、「夢日記はつけておきなさい。」と言われていました。

何故かはわかりません、しかし、師は言うのでした。

 

「つけておくと、いいから。」

 

何がだよ、全身全霊でツッコミたい。

そんな師匠が、夢についての判断は、大雑把に教えてくれていましたので、それを含め、私自身が夢をつかって夢占いをしてきた中での判断結果を使って、説明していこうと思います。

sponsored link

夢占いの吉凶だけでもわかればヨシ。

夢占いに他意はない。

もしかして、深い意味があると思っている方が多いのでは?

夢に他意はありません。

大雑把に、吉か凶。仕事?恋愛?家庭?・・・・・・それとも、天災?

そういった大きな括り程度でしか、基本的にはわかりません。

その中で、こだわった人物などが象徴としてでてきましたら、ようやく、その人のこと・・・・とわかるものの、その人の恋愛?仕事?家庭?それともなんかあった?のどれかがわかることも本当に僅かになっていく。

つまり、夢占いと言われてはいるものの、私も記事をいくつもあげているものの、吉凶判断ができ、分野がわかれば本当にモウケモンという世界です。

今は、ネットにいくつも夢占い記事が回っていますが、たぶん、大元の本は買われた本をそのままコピーライトだろうなあ、と思います。それは、今までの夢占い師さんが頑張って蓄積してきた分析結果、といえようものでしょう。

しかし、吉凶判断ができればよい!分野がわかればモウケモン!

この感覚は、夢占いって的に当たればよいだけ。

 

すべてが皆中でなくてよいのです。一個でも的に当たればそれでよいのです。

 

それができれば、夢をみて判断できる人材としては花丸なのです!

夢占いの大凶判断は痛みで知る。

ではでは、前座が長かったのですが、夢占いの吉凶判断方法なのですが。

まず、夢に他意はありません。

吉であっても、凶であっても、正直そこまで悩まないでください。

そんなに悩むことを与えたくて、夢は予知させてくれているわけではありません。

夢は、元々、死角なのです。その死角を教えてくれている英知に感謝してください!

 

私の実感ですと、痛みを伴う夢は、大凶です。

本当に夢の中で痛みを感じ、夢の中で悶えます。

マジで痛いです。

 

ときに、足裏に刺された黒いハチの夢の時は、テトロドトキシン(猛毒にクリーンヒット!で死にかけました。)・・・

ときに、心臓をギュッと誰かにしめつけられる夢の時は、その後眩暈で救急車・・・

ときに、ふらふらと病院に足元おぼつかぬ調子でいく夢の時は、病院に蹴られ・・・

ときに、人に喉をバッチーン!とこん棒でたたかれた夢の時は、人に酷いことを言いすぎているときでした。

 

こうやって、痛みを伴う(途中違うものが?)ものというものは、基本的に大凶です。

どのように大凶かといいますと、身体的に疾病がかかり、生死にかかわりそうな時です。

どうして、生死にかかわる大凶なのか。

それは、人は死ねば吉も凶もないからです。

これ以上に悪くなる凶がないのは、それから先は、死の知らせのみであるからです。

 

また、人は死ぬとき、自分の死を知る夢占いはありません。

 

上手にできているのがこの世界。

死ぬこと以上に、ひどいことはありません。

本当にひどいこと、それは夢で知らされることがありません。

本当に酷いことは、夢で知ることができないのです。(大事なことなので二回!)

 

ですから、身体的に死にかける知らせは入りますが、死ぬ知らせは夢で知ることはできません

そして、死にかける知らせが大凶の定義であり、それは痛みを伴う夢であることを覚えておいてください

凶夢で一番嫌なこと。

凶夢、大凶夢となる夢の中にはいつも、動物や生物の人を象徴するものがでてきていました。

つまり、私たちが悪い結果に導かれるのはいつも人の恨みや業などなのかなあと思います。

 

ときに、真っ黒いアリのようなハチを夢みたとき、私に依存し、どんどん私の心を蝕むことをしていた人が私に恨みをむけたとき。

ときに、真っ黒いタランチュラが私の腕をはった夢をみたとき、私に好きな人を奪われたと憎む女がいたことを私はしっている。

 

悪いことをしたつもりがなくとも、知らず知らずと恨みを買っている可能性があります。

そんな場面に引きずり込まれるとき、夢は教えてくれるのです。

 

これから最悪な出来事が起こるから、心の準備をしなさい、と。

 

それは、自分自身で招いた罪を知っているかの様です。

大事に至ることにならないようにするには、人を大切にすることを忘れてはなりませんね・・・・・・。

死にかけた私の教訓です。

生霊の夢占いでは、人からの恨みをもらったときに生霊がついてた時の現象を書き記しています。
sponsored link

夢占いの恋愛に関する凶夢

なぜか定説となっている「恋人の夢を見るとNG、凶ですよ。」っていう話。

これは、ウソです。

割とマジで、ウソです。誰だよ、こんな説をばらまいたのは!

実際に、夢占いは、凶となることを教えてくれることが多いから、確かに恋人の夢を見るのはNGかもしれないけど・・・・・・

 

だからって、それは単純すぎる脳みそすぎねえか!?

 

っていうツッコミがある。

夢占いで恋人の夢を見ても安心してください。吉夢であることも多いです。

恋人と別れる定義を大凶とする!

恋人の夢の中で凶の定義とされるのは、恋人と別れるという定義だと思います。

では、恋人と別れる定義となる夢占いは、夢の中でさよならをします。

恋人が背中を見せてくれます。

たったこれだけです。

実は別れる前にみる夢で、背中を見せてくる恋人の夢が一番怖い夢です。

それはなぜかって?その人との縁が切れるからです。もう二度と繋がるのは難しい縁です。

ほら、あるじゃない、復縁とか。

それもありません。チン!

ですから、私は恋人の夢占いの中で、一番大凶となる定義、恋人と縁が切れるとして、背中を見せる夢と考えています。

面白いなって思った恋人に関わる吉凶の夢占い

凄く面白いなって思った夢占いをひとつだけ紹介させてほしい。

これは、吉凶でいえば、吉よりになると思うのだが人によりけり。

しかし、当事者にとっては願ってもない吉夢だとも思う。

 

お皿を洗う夢。

 

この夢を見た後、過去の恋愛がすっきりさっぱりした気分になる。

しかも、付き合ってた異性の前で皿を洗う夢

その異性をずーっと長く引きずってた元カレだったりすると、この夢をみたあと、「ああ、よかった。」と思えるんだ。

だから、この夢をみたとき、これは吉夢だと思いました。

夢占いの意味は、過去の恋愛の精算が済むっていうところだろう。

 

ところがどっこい、元カレと復縁したいとか思う人は、これが吉夢とは思えませんよね。

ケースバイケース、当事者によって吉凶がわかれていきますが、しかし、当人にとっては吉となる。この定義の曖昧さがなんとも面白いと思ったのです。

夢占いの吉兆のはず神様の夢

さて、私はかなりの量の神様の夢をみています。

そもそも、信心深いかといいますと、結構信心深い生活をしていると思います。

朝の祈りをささげるとか、そういうことではありません。

闇雲にただ、神の存在を「知っている」という感覚があるだけです。

そんな私が、かなりの量の神様の夢をみていて、これって吉兆じゃないか!?って思った夢がいくつもあります。

しかし、その後。

なにかあったか?

 

何もありませんでした。ブッ!

 

そもそも、夢占いにおいての吉兆は何と定義しましょうか・・・・・・・。

財物を得る、結婚、縁結び、仕事の成功、成果を得る、などでしょうか。

ところがどっこい。

 

わたし、ただの凡人まっしぐら!!!!!

 

お釈迦様の夢も見た、お狐さんの夢も見た、近くの神社の神さんだって何回だってみている。

いつだって神々しく、美しい神さまたち。

 

・・・・・・。

 

御利益ってなんですかね!?

 

取りあえず、ひとつ。

神は、なにもしてくれましぇん・・・・・・。

そう、神はなにもしてくれませんが、守ってくれています。

その守ってくれているよ!(何からだろう・・・)ということを教えてくれている夢だってあるのです。

それが、神の夢・・・・・・。

吉と呼ばれていますが、何も起きないのも神の夢。

 

たしかに、神のご加護は、吉でしょうけれども、実感はかなり薄いのです。・・・・・・

神の夢占いでは、神の夢をみたときの体験談をいくつか載せています。
sponsored link

 さいごに、いくつかいいたい。

現代人、欲が深いぞお!

自分の思い通りにいかないことすべてが凶の定義はやめましょう

自分が一番の考え方をしていると、どんどんどんどん神さまから遠のいていくことを忘れないでほしい。

人の縁だけは、神が結ぶ。

これは私がよく占い師時代に話していた言葉のひとつです。

神が結ぶ縁に、文句を言ってならない。神が結ぶ縁はいただきもの。

これを忘れてしまうと、結んでいただいた縁を尊重することを忘れていってしまいます。

そうやって忘れていった人たちが、自分の思い通りにいかないことはすべて悪だと言い始める。

人の思い通りにしてあげられるだけの器を持ち、自分の思い通りになったらなお喜び、そのために、人をよいしょよいしょしてあげるのも人が神のお手伝いをしているひとつ。

ぜひ、優しい人になっていただきたい。

そういう人には、必ず、神が優しい夢を見せてくれます。

 

また、口を濁したくはありますが。

夢でみた凶夢は、いつも「人の象意を持ったもの」ということがわかっています。

人の恨みほど怖いものはありません。

前述させていただきました、人はヨイショしても落としたらあきません。

ぜひ、皆さまの夢が豊かで吉夢へと傾くことを祈っております。