夢占い|アイシャドウの夢


占い 夢占い

基本的な意味

  • 自分の気持ちや負の感情を隠す
  • 誤魔化す
  • 人の目を避けたい
  • 自分の見栄
  • 恋愛
  • 不倫等の警告

自分の気持ちや考えを隠したい、自分に嘘をつきたい、ごまかしたい出来事がある時にみやすい夢です。

シャドウは影ですので、自分自身の影や陰となる部分、負の感情と言われる不安や不信、欺瞞や否定、不満という普通は表に出ることのない感情をアイシャドウの夢で表現することがあります。

関係性の中でも、不倫や浮気、日の当たることのない関係性について表すこともあります。しかし、この不倫や浮気に背徳感を感じていない人にはアイシャドウの夢を見ることはありませんので、もし、不倫や浮気をしている人がアイシャドウの夢を見たならば、その人は至って道徳的な人判断します。

アイシャドウの夢

アイシャドウを手に入れる

今の自分の気持ちを隠しているときです。

負の感情と呼ばれる、劣等感や不安感、不信感などを感じており、その気持ちをひた隠しにしている状態になっています。

アイシャドウをどの様に手に入れましたか。

手に入れ方によって、何に負の感情を抱いているのかを理解出来ると思います。

また、人よりも自分重視になりやすい考えのときです。気をつけましょう。

異性にアイシャドウをもらう

異性に劣等感を感じているときです。

解ってはいるけれど、劣等感や不信感を抱きやすく、自分に自信がないときです。

自己評価が低くなってしまいがちなのです。

また、その異性に現実で告白されたりしている場合は、お付き合いすることになると自分の立場が危うくなる可能性がありますので、よく考えてからお付き合いを決めましょう。

不倫などのお誘いの暗示ともなりますので、この時期の告白や特定の異性からもらったアイシャドウの場合は、その異性に注意をはらう必要性があります。

あの人が私を愛してから、自分が自分にとって、どれほど価値あるものになったことだろう。

ゲーテ(詩人)

ゲーテがこのような言葉を残しています。

自分が自分にとって、価値あるものだと感じさせてもらえる人とお付き合いできると良いですね。

好きな人からアイシャドウをもらう

好きな人に自分の気持ちを隠して接していることを気にしていませんか。

その人の前で素直になれない自分を嫌いになってしまいそうなときにみます。

また、この好きな人と結ばれることは難しいでしょう。

アイシャドウをあげる

人にアイシャドウをあげる夢は、自分の見栄に気づかないで欲しいと思っています。

背伸びをするのはもう辛い様子、本音で話した方が気楽だと思っている様です。

そして、心のどこかで人に見栄を張っている自分や自分の感じている良くない自分を人に受け入れて欲しいと願っているようです。

確かに、本音で話すことは重要ですが、嫉妬心や不信感等、人に話したら関係性を破綻しかねない感情もありますので、分別を持って関わりましょう。

不倫している人がアイシャドウの夢を見る

不倫や不道徳な行いに身に覚えがある人は、その行いに対しての罪悪感などの現れです。

また、この夢を見たとき、秘密がバレる可能性も秘めています。

大胆な行いは控えましょう。

あまりしつこくつきまとわれる愛は、ときに面倒になる。それでもありがたいとは思うがね。

シェイクスピア(劇作家)

面倒臭いと思われないような人になる為にも、距離を保って人と関わることが重要であることを教えてくれています。

自分のアイシャドウが印象的

アイシャドウが印象的な夢の場合、目を瞑りたい出来事があったり、隠し事があったりします。

それらに背徳的な行いと思っているフシかありますが、こういった夢を見る人は至って道徳的な人である人が多いです。

現状から逃げたいと思っているかもしれませんが、自分の正義感が許せないのかもしれません。

人のアイシャドウが印象的

その人は自分に心を開いている訳ではありません。

すべてを信じるには難しい相手です。

また、後暗い何かを抱えている人です。

こうした夢を見た時、ただ盲目的に誰かを信じることは難しい時です、その後ろ暗い何かに裏切られかねません。

恋人のアイシャドウが印象的な場合、恋人は自信のなさから自分に心をひらけないでいるでしょう。

本心から関われるようになるのは、もう少し時間がかかります。

アイシャドウの色

赤色、紫色のアイシャドウ

自分の魅力や色気についての自信のなさ。

ピンクのアイシャドウ

自分の愛情についての自信のなさ。

青色のアイシャドウ

自分の冷静さに自信がない。

関連記事一覧

関 連 夢 占 い 夢占い 化粧品 夢占い アイライン 関 連 記 事

2019/03/16化粧

Posted by sanro