男の声相で恋愛を見抜く術、声相学


占い 声相

男の人の声と女の人の声は、低いか、高いかで判断をする。

子供の声は、男の子であろうと女の子であろうと分別が尽きにくいが、成長し、男の子が声変わりをする時期に、女の子も声が女性らしくなる。

その声を判断するのが声相の条件である。

つまり、男か女かの判断がつく声をしているのは、体が成熟してきた証拠であり、恋愛をすることに繋がっていく。

声は、大人か、子供か、を判断する基準の一つなのだろう。(精神的な意味は除き)

これから、いくつか、声の種類を書いていくが、この声の持ち主は、こうだ!というのは筆者的にまだ証明しきれていないものは書かないことにしようと思っている。

また、すべての項目にいろんな考えを入れ込んでいるので、目を通していただけると嬉しい。

男の、女に似ている少し高い声

筆者の中の友人にはあまりいないタイプだ。こういうタイプは、身長が低い方が多いなあと思う。

この声の持ち主、テレビに最近よくでてきている(今年2017年)有名人で、ダンスがうまく身長が低く、眉毛が太く、目が大きく、・・・誰だかわかるだろうか。

この人は、なかなか声が女の声に似たりと、筆者は思う。

女性に縁が薄かったり、女性との縁が何度も変わってしまいやすい。再婚を何度もしてしまったりすることもあるのだ。

気が多くなりやすく、悩みやすい傾向があるのだろう。

しかし、こうした声の持ち主は、基本的に結婚をしにくいことも多い。

あまり、男性的でない部分から、女性は好みにくいのだろう。

なんせ、女性は耳で恋をする生き物だからだ。

ただ、この先ほど述べた有名人の方は、少し、一語一語の語尾が、だらだらして筆者には聞こえる。はっきりしゃべっていても、少し変だと感じるのは筆者だけだろうか。

最後の語尾は伸ばしやすく、一語一語は、次の音にかぶせるようにしゃべる声というのは、技術で成功しやすい。

筆者の友人でも、自分で磨いた技術を使い、会社を作り上げた人がいる。

ので、確実的にこの声!とは教えきれないが、あのようなトーンの声というのは、女性の縁が難しい人に多いということは解ってほしい。

男の、かすれたハスキーな声

しゃがれたボイス、というやつだろうか。あまり良い声ではない。

元々ハスキーな声の人は、結構多いらしいが、歌手は、自らハスキー声にしたくて、ウイスキー、シェリーでうがいをする、というが、後天的に声が変わることはあまりよくないのだ。

まず、このかすれ声、苦労が強い。そして、協力者に縁が薄く、協力者を得ても、どう協力してもらったらいいのかが解らない、といったように思える。

例えば、歌手。

ハスキーな声をしている人がたまにいる。

なかなか苦労している人が多い。そして、協力者もおらず、1人で歌っている人はハスキー声がよく似合い、孤独な世界で天下を取っている。

つまり、一人きりの世界でやっていこう、とハスキーな声で歌うことは苦労故の心理が強く歌に乗るのだろうか、とても良い歌となってヒットする。

また、凶が一転して吉となるのがこのケースだと思う。

条件的にハスキーな声の人は、1人で歌うこと、または、歌う曲は自分で作詞作曲することが大事なのだ。誰かに協力してもらって曲を作ってもらうと売れない。

筆者の友人に、ハスキーな声の男の人がいたが、本当にしゃがれていて、何をしゃべっているのかが解らない。

うつ病を患っていたが、彼自身も苦労が多かったのだろうし、随分としも重ねており、独身であり、今も独身であろう。

結婚というのは協力の上に成り立つものであるため、そうした縁に薄い。

また、その縁があっても、どうしてかうまく回すことができないのがハスキー声の人。

心底、惚れ込んでくれる人がいればいいんだが。

筆者的に、ハスキーな声であるならば、今まで苦労はしただろうに、これからも苦労することを自ら名乗り出ていくことが大事のような気がする。

その苦労から逃げることがハスキー声は多い。

お酒やタバコが好きなのもこうした声の特徴な人たちだ。

もし、この声の方ならば、依存物から手を放し、努力し続けることが開運することができるであろう筋道のような気がするのだ。

ハスキーな声の人、好き嫌いが激しいように思う。

その点を自分自身で見直すことはできないだろうか・・・・・・。

その好みが一致する人と、また、異性に対して厳しすぎやしないか。

考えてみてほしいところです。

男の、女の声がだせる人で、女声が時にでる

ヒョンなときに、女声になってしまう人がいる。

「キャーやだー!」みたいな。

筆者の周囲にはひとりいる、ひょっとしたときに、動揺した時に、声がうわずり女性のような声になってしまうようだ。

まず、このように、女の声になってしまう人は、女難。

逆にその女難を活かし、活躍している方々もいるが、一般人には難しい。家庭運に恵まれにくく、結婚運も恵まれにくい。

筆者的には、縁が薄いのだろうと思うのであれば、積極的にかずうちゃ当たる戦法で婚活をすると良いと思う。

しかし、それでもうまくはいかないのであろうから、心折れずに努力をし続けることに意味がある。

筆者の友人にいるその一人は、まさに、二十歳過ぎてすぐに鬱になり、転職を繰り返し、結局、落ち着いたはいいが、今度は結婚相手が見つからない状態になっている。

偉いなあと思うのは、数年近く続けている婚活で誰も捕まえることが出来てはいないが、努力し続けている点は偉いと思う。

当人は努力した結果はないが、長男ゆえに結婚しなければならないため、頑張っているが心折れずに努力していることが筆者は偉いな!と思う。

ただ、自分自身で積極的にいくことよりも、人に結んでもらう縁の方が確実にうまくいくかな、と思う。

2017/05/22

Posted by sanro