男女共に共通する声相、語尾の重要性


占い 声相

声の語尾に着眼することはとても重要だと思う。

語尾とは、文章の最後のことである。

始まりの声の大きさと最後の声の大きさが明らかに違う、語句が小さく消え入るような人がいる。

今回そのことを書こうと思う。

筆者は、最後になると「え?なんだって?最後が聞こえないよ!」と言いたくなるようなタイプと、聞こえているけど、声が最後になると薄くなっていく感じの人がいる。

文章でしゃべることの語尾は、事の顛末の最後がない、というように、声が消え入ることは、最後がない、つまりやりきれない、ということになる。

この声には、2種類に分類することができる。

  • 不安で消え入る
  • そういう喋り方

の2点だ。

それぞれ説明していこうと思う。

不安で声が最後消え入っていく

この声の時、喋っている人は、目がきょどる根からの不安症ということだ。

自分自身に不安があり、これであっているという確証もなく、自信をもって発言できずに、最後の言葉が消えてしまう。

不安過ぎて、声が小さくなる人は、そのときの目を見ればわかる

なにかプロジェクトを抱えているときに、普段はそんなことなかったのに、今回は何故か声が消え入る、目が泳ぐという場合は、不安なとき、また、結果が出ず、振り出しに戻って1からやり直すケースとなる。

よって、声をしかりと聞いて、しっかりとしゃべれる人にプロジェクトや達成すべきことは預けた方が良いだろう。

不安を少しでも抱えてしゃべっている人は、語尾が少し小さくなっている傾向にある。もし、その様な癖が自分の中にあるとしたら、まず、自信を持つべきだ。

自信が少しでもない人は、普通にしゃべってる人でも語尾が少し小さいので、気にして聴いてみるとわかりやすい。

筆者は、単調にしゃべるタイプなので、語尾と最初はあまり変わらない。・・・それはそれで、女性としてどうなのか、とは思うが・・・。

元々、声が消え入るように喋る

消え入るように喋るのは、振り出しに戻しやすい

こういうタイプと仕事をするのは、こちらが不安になってくる。

この声が消え入るように喋ること自体が、振り出しに戻しやすい質を維持するので、元々そのようにしゃべるタイプは、長くに渡り、同じ職場に就くことができないか、また一生平社員、といったところであろうか。

また、強く働きやすい傾向が、最後の最後でどんでん返し、最悪なケースを迎える、ということだ。

9までできてたのに、1から始まる、ということが多い。

仕事についても、出世したら、平社員に戻りやすい。

自信がない、という傾向が強いのだが、逆に、自信が無さ過ぎて、平社員に戻されてしまうケース。

筆者が思うに、こういう声の男の人は、コンビニでアルバイトをしている人に多いなあ、と思う。

だるそうな声で、いらっしゃいませー、のませーが聞こえない。

末端で働くには良いが、出世は望まない方がよいように思う。

注意して、声をシャキっとさせ、最後までしっかりしゃべる、大事なことである。

なぜ声に力がないのか

このように語尾が安定せず、小さくなってしまう人は、かなりの頻度で声に力がない

腹筋から声を出せ――――!と言いたくなってしまうような声の人が多い。

声に力がないのは、家庭運が悪いように思う。

ボソボソと話したりするのとはまた違く、声が脱力していて、力がないヘロヘロということだ。

筆者の声は、どんなに疲れてヘロヘロでも、声がヘロヘロになってても、力にない声にはならない。

家庭的に、あまり、自分の感情を大きく表現的ないとき、筆者も声に力がなく、声を出すことができなかった

よって、自分の経験から、家庭運が悪いように思う。

また、そのようなことが続くと、婚期を逃す、というよりも良い縁に恵まれないと思うので、筆者は早め早めに、家庭をどうにかするとか、自分自身の感情をアウトプットする環境を作るとか、を考えた方が良いように思う。

声に力がない人であっても、ひそひそ話には、力があるものである。

筆者は、声に勢いがないのは、人生にやる気が起きていないのと同一のように思う。

やる気を起こしてみたり、好きなことに熱中したり、そうしたことによっても、力なくしゃべることはなくなりそうだ。

また、筆者の友人で、力なくしゃべる友人は、「つかれた」「はぁ」とため息も多い。

筆者は、根本的に心が疲弊しているとそのようなことにもなるように思うのだ・・・。

また、女性の場合は、まだ救いようがあるように思うのは、女性の運は男性に沿うものだからだ。

しかし、男性にはこのままでは困るのは、女性と結婚することはまず難しいと書いておこう。

2017/05/22

Posted by sanro